憲法の良さを認識

きのう、安保法制廃止をめざす市議8名で「憲法とは何か?」の講演&リレートークをおこなった。弁護士会の中崎雄一先生の1時間の話は、わかりやすいポイントを押さえた資料と説明で好評であった。

先生の話の柱は、〇憲法 〇安保法制 〇緊急事態法条項であった。

私にとって印象深かったのは、立憲主義の元での憲法の根本的価値の説明のなかでも、「憲法の本質は基本的人権の保障にあり、国家権力の行使を拘束・制限することで、権利・自由の保障をはかるものとされている」ということ。

そして、憲法第13条にある『すべて国民は個人として尊重される」といのは、抽象的なことではなく「個人」ということ。

安保法制と抑止論について、「抑止論はお互いの軍事力が把握できることが前提である。中国の軍事力が不透明なのに、(抑止論が)有効なのか、テロはアメリカでも防げない。むしろ軍事力で解決することではなく、世界は外交努力で解決する。」という点は、大切なことと再認識した。

会場からの質疑と意見、また6名の方が発言したリレートークを通じて、運動での共通課題での共同のとりくみと交流の大切さが語られたとともに、市政でも取り組んでほしいという点は、今後も探求していく行動です。

 

 


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

21日人権交流プラザで「憲法とは何か」、講演とリレートーク

私たち共産党市議団・3名は、他の市議会議員5名と、党派・会派を超えて、安保法制(戦争法)が強行成立した一昨年秋に「憲法違反の安保法制の廃止をめざす市議会議員の会」を結成し、鳥取駅前などでの街頭宣伝や市民向けの講演会を行ってきました。
今年は、憲法「改正」の動きが目立つ中で、「憲法とは何か」をテーマとした市民向けの学習の場をつくり、市民によるリレートークも計画しました。
ぜひ、関心のある方、疑問の中身がわからない方など、どなたでも参加できます。入場は無料です。(駐車場あります)

日時 1月21日(土)午後2時?4時まで
場所 鳥取市人権交流プラザ2階会議室(会場へのアクセスは、こちらのチラシに地図を掲載しています)(鳥取市幸町151 ?0857-24-8241) 入場は無料です。駐車場はあります。
講演 講師・中崎雄一弁護士(鳥取県弁護士会・憲法委員会委員長)
講演に対する質疑のあと、リレートークで交流します。

 


カテゴリー: お知らせ・ご案内 | コメントをどうぞ

もう梅の花を見た

新年のあいさつに出雲市の親戚に出かけた。その家の畑にある梅がすでに開花していた。

蝋梅はすでに満開で、一部花がしぼんでいる。12月に一度雪が降ったとはいえ、年末から暖かい気候が影響しているようだ。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

新しい年

2017年明けましておめでとうございます。いかが、新年をお迎えでしょうか。

年が明けて議員の任期もあと2年となりました。早いものです。やはり、この間国政問題とはいえ、他の議員との共闘を行ったことです。

市政では、最近いじめ問題を取り上げて、今回初めて自らの体験も少し触れて、質問を行いました。

今年は、様々な方の意見・要望を市政に届けること、行政のゆがみや誤りにも向きあってただしていく努力を一層強めたいと思います。

よろしくお願いします。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

ホームページの情報

12月議会の一般質問で、ホームページの情報の在り方に疑問をもった。

一つは、いじめ問題に関するものだ。鳥取市教育委員会は、長い間、いじめの定義が変更されているのに、いじめる子、いじめられる子、傍観する子について、子どもの人格を傷つけ、教育の放棄と受け止められる内容で、不適切な表現をした保護者用の啓発資料かホームページにしていた。私が質問通告して、ただちに教職員用とともに削除した。答弁では、今年度中に新しい改訂版を作成するという。現場のある先生も、こんなものがホームページに掲載されているとは知らなかったといわれた。教員が活用されない資料だからと放置していいはずがない。市教委は、何を市民に・現場の教員に情報を提供、公開しているのか、年に数回は点検・改善すべきです。

先日、会った元市職員の方が、地元の新聞で私の質問を読んで、「こんな記事が、久しぶりに載ったなぁ」と言われ、ハッとした。マスコミがどう報道するかは報道、言論の自由の範囲だが、議会・議員の行政へのチェックがあまりされていないということでもあった。議会の役割の指摘であり、姿勢をただされた言葉であった。

もう一つは、鳥取市がおこなう地域づくり懇談会の議事録の掲載が、年度末になつているという点だ。今年7月から11月にかけて行われても、掲載は3月になる。余りに遅い。そのことを知ったのは、今年7月実施されたある校区の地域づくり懇談会の様子を知るために、ホームページを見たときにわかった。その理由は、地域での要望の回答について、当局の対応が変わっていくので、そのような時期の掲載になるという。丁度、来年度の予算が議会で可決される時期でもある。

しかし、私は今回、中核市移行に関する市民の意見がどの程度、どんな内容出されているのか、知りたかったので、議事録を見たが、昨年度の分はあったが、今年度分はやはりなかった。鳥取市は、着実に市民の理解が進んでいると根拠も端示さず、都合いい評価をしている。そして、来年2月議会には、中核市移行関係の議案を市議会に提出するという。

地方自治にとって、当局も重要して中核市移行を説明しているが、住民がお互いにどんな意見があるのか、また議論を深めるのに市民間の議論も、市民と市との議論も同様に重要であることは、自治基本条例に謳われている。そんなことは、無視するような議事録掲載である。ましてや、地域の要望に限らず、市にとっては政策形成や事業の執行過程は公開してこそ、積極的な情報提供、市長の言う情報公開ではないのか。

以上、当局に情報提供・公開の在り方として指摘し、反省を求め、今後もチェックしていく役割を認識をあらためたい。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

議会は最終盤

きょう、地元新聞が16日現議長と現副議長が辞職願を出したために、19日の議会最終日に、新議長と新副議長の選挙が行われることを報じていた。すでに最大会派の中で、具体的な人選が決まり、掲載されていた。

これまで、こうした議長と副議長の選出にあたって、議会改革の検討組織で、事前に立候補の希望がある人の所信をを聞き、投票するように提案してきたが、今回もそうした検討がされないままの選挙となった。

議会の役割、市民の求める議会のあり方を語ることは、市民に選出された議員で構成される組織の責任者などの選出にあたり、市民などにこうした場所で、そうした機会をつくることは必要ではないか。そうでないと、開かれた、信頼される議会にはつながらないと思う。

そうしたことを思いながら、「南スーダンから自衛隊を撤収されることわ求める意見書提出を要求した市民団体の請願」の賛成討論を書き上げた。

PKO活動に参加した東京外国語大学の伊勢崎賢治教授のインタビュー記事や、日本国際ボランテイァセンターの長谷部貴俊事務局長の発言を引用して、国連PKO活動が変化していること。また自衛隊の駆けつけ警護の任務、南スダーンでの停戦合意の崩壊と武力衝突の危険性を指摘する原稿となった。自衛隊委員の命と憲法9条を守るために、いつもと違って、力が入る原稿づくりとなった。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

12月議会の質問

ブログも3週間ぶりです。議会の様子を少しお伝えします。

一般質問は、人権いじめ問題と中核市移行、そして住宅リフォームです。

いじめは、どの子にも起こりうる深刻な人権問題というのが、年の定義である。しかし、鳥取教育委員会は、その定義がすでに数年前に変わっているのに、9年前に作成したままの啓発資料を公式ウェブサイトに掲載し続けいた。それを今回指摘した。翌日と翌々日に一般新聞が取り上げた。(以下の写真が、その記事です。取り上げ方は一様ではありません。)

そもそも、いじめる子やいじめられる子、傍観する子について、子どもの人と素行に原因をもとめること自体が、全く教育の役割を放棄するものである。あたらしい改訂版をつくるとの答弁もあったが、これまでいじめの経験のある子、いまも苦しんでいる子などに、役立つようなものを発行し、次の社会を担う子どもたちなにしっかりした人権教育を進めてほしいものだ。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

年末がグッと近くなった

きょう、市役所の本庁舎に和紙でつくつた6.5mの巨大なクリスマスツリーが設置された。

また、鳥取市の中心市街地の今町交差点(ロ―タリ―)には、クリスマス釣りへのイルミネーションが飾られ、夜の街を色とりどりの電飾が点滅していた。

本当に年末が近い。議会も、12月議会の開会が迫っている。明日は質問通告の締め切りである。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

自衛隊の南スーダン派遣

きょう、安倍内閣の閣議決定で、自衛隊の海外派遣で「駆けつけ警護」のあなたな任務が与えられた。

政府の説明では「駆けつけ警護」は、武器の使用が自分の命の危険が迫っていなくても、他の国の部隊やNGOの職員が攻撃を受けているときに、自衛隊が駆けつけて応戦することが許すと説明してている。

今、戦闘状態の地域でなくとも、いつ戦闘になってもおかしくない不安定な状態にある地域で、どんな理由であれ「敵国」とみなされれば、敵国の兵士も「身の安全」、自分の部隊を被害を少なくするために「自己防衛」の手段として、武力で攻撃する可能性がある。戦闘、戦争は、どんな手段を使っても、自分たちの命を守り、味方の被害を受けないように防御すること、劣勢になったり負けたりしないためには、手段を選ばないのが、歴史で証明済みだ。

自衛隊の武器使用を認めることは許されない。武力の行使であり、憲法違反である。今日夕方、日本共産党で新任務付与に対する抗議と、安保法制廃止の宣伝をおこなった。塚田なるゆき氏や鳥取市議がスピーチにした。

 

 

 

 

 


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

皇帝ダリア

3日前の快晴の空の下で、数年ぶりに見ました。皇帝ダリアです。

写真の下にも、たくさんの花が咲いていました。

そのせいか、花の大きさはこれまで見たものより少々小さい感じです。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

はや10日も過ぎた

先週は、予算申し入れづくりと2日間の視察で週末がきた。

きのうにつづき、今日は小春日和である。浜坂の街路樹も秋の色が濃くなっている。

しかし、きょうき自治会の来年度の役員選考などに、半日かかった。午後は、市民団体でアンケート活動による寄せられた市民の方に訪問活動をした。天気がよく、留守が多かった。

11月の中旬に入り、すでに半月が過ぎようとしている。

明日からは、憲法違反の安保法制の廃止をめざす市議会議員の会の会合、市議団の打ち合わせがあり、予算作りの原稿を持ち寄って相談もある。

今週は、私の活動ニュース「角さんの飛脚便」を久々に発行する作業に入りたいと思っている。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

ラッキョウの花が満開

鳥取砂丘の東にあるラッキョウ畑。

花が満開です。その風景を見られたある方が北海道のラベンダー畑のようだといわれていました。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

TPPの国会審議

相手がある交渉といいながら、情報が公開されない国会審議。貿易、産業・経済、そして国民の生活に大きな影響を与えるTPPの批准を許さない世論が広がっている。一方、政府・与党は、4日に衆議院での法案採決を狙っている。

批准阻止への声を上げようと集会が11月6日開催されます。ぜひ、お越しください。

きょうの赤旗も報道しています。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

深まる秋

朝、家の中でも暖房がないと寒さを感じる季節です。

日の出も遅くなり、東の空もなかなか明るくならない。

快晴の朝、吐く息も白くなるほど温度の低下がある。

北園団地の中を走る道の両側の樹木も黄葉、紅葉と変化していく。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

自民党の憲法草案の学習

10月30日、自民党の憲法草案の学習会があった。テーマと講師に魅力を感じたので参加した。講師は、わかりやすく話されると講演を聞いた人はから評判の良い鳥取大学の藤田先生であった。主催は、「安保法制の廃止を目指し、立憲主義を取り戻す末恒の会」というね地域で活動する団体である。

講演は、改憲が暮らしにもどう影響をあたえるのかという視点からも話された。たくさんの資料の説明とあわせて、1時間30分を超えるほど、内容のあるものであった。

休憩も取って、質問も受け付けたが、北朝鮮のミサイル発射への対応など、多くの質問が出されれるほど、改憲の動きや周辺の諸国に外交・軍事的な関心の強さを示された学習会であった。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

10月が終わった

早いもの1月が過ぎた。10月に起きたこと、起こったことはをメモ的に記してみます。・・・

◎富山の知人に会いに行き、足を延ばして黒部渓谷に初めて訪れた。渓谷の深さと人間の力のすごさを知った。

◎その寒暖の差もあり、風邪を引き、治るまで2週間かかった。

◎市民団体でのアンケート活動とともに、日本共産党議員団の議会報告のチラシ発行とアンケート活動を開始した。

◎市議会では議会報告会が行われたこと、また議会基本条例づくりが意見の異なる点についての議論が終了し、条例案の素案作りに審議が移ることになった。

◎月末に、衆議院議員清水忠史を議員を迎えた「日本共産党のつどい」があり、ユニークな語り口がおおいに参加者の笑いを誘った。

また、衆議院小選挙区の鳥取1区予定候補の塚田なるゆき氏があいさつもおこない、鳥取県中部地震の被災者支援活動の報告もあった。

憲法問題の学習会などのイベントが集中した。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

追われているのに、風邪?

連休3日間は県外に出かけた。そのツケがまわって、今週は仕事に追われて忙しかった。

やっと、議会だよりのチラシ原稿、アンケートが出来上がった。ここ数日、温度が下がった中で、ウォーキングを再開。しかし、疲れもあったのか、一昨日から咳と鼻水が少々あり風邪気味である。昨日は、クールビスがオーケーなのに、我慢できず、ネクタイ着用で冬用の背広とズボンを引っ張り出して、議会に出かけた。

来週も議会の会議、研修会、質問締め切りの日程がある。週末でそれらの準備も気になるが、この体調を改善させるのが優先となるが・・・。

迷いもある。きょうも天気は快晴。近所の綺麗なコスモスが目に入る。どうしたものか?


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

秋がすすんでいる

きのうは地区の運動会でした。私の団地は20町内ほどのなかで、見事優勝した。子供会のこども、そして若いお父さん、お母さんの頑張りが現れました。町内の役員で、準備を担当した一人として嬉しい限りです。

天候は、テントがあったとはいえ大変暑かった。墓近くの空き地、川の岸の上では彼岸花が咲いています。

きょうは、議会の決算審査が詳細に審議される「分科会」です。風邪気味です。明日は、視力障害者と市の担当課とともに、バリアー降り対策の現地調査です。少し無理してでも休むことくながんばりたい。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

久しぶりの夕陽

議会は、きょう決算審査の総括質疑が終わり、あと来週だけとなった。久しぶり晴れ渡った、その夕陽がきれいだった。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ

決算審査の準備

9月定例会の議題に、決算審査がある。

きのうは、4時間かけて、市当局から概要説明があった。特別委員会をつくって、全体の委員会では基本的な総括質問、分科会での審議と2つに分かれた審査となる。

今週16日に総括質疑の締め切りである。質問時間は一人5分(会派で15分間)、きょうからその準備になるが、5分間で出来るテーマは一つだ。一般会計と特別会計のなかから、絞り込むことになる。質問は、来週23日である。


カテゴリー: 角さん東奔西走 | コメントをどうぞ