議会基本条例の説明会と政策コメント

今日で5月の前半が終わる。一昨日は2つのイベントがあった。一つは日本共産党演説会。もう一つは鳥取市議会基本条例の草案の説明会であった。

説明会には、10人ほどの参加であった。主催は、私も委員を務める基本条例策定特別委員会である。説明会では、数年前に市議会が市庁舎の新築移転に関すめ住民投票までおこなったことにも関係し、市議会の動向に関心がある一方で、また住民投票結果を尊重しなったという市民の批判や不信も残っている。参加者の発言の中にはそうしたことを強く感じる質問や意見もあった。

また、発言のなかには、意見として行ったおくという控えめな発言もあった。答えられない点は、後日ホームページで回答するのであるが、議会側がこうした機会なのであるから、意見として受けて止めておくという対応を極力避けて、私は議会が直接こうした場で意見交換することは、今後の最終審議や議会改革の意欲を市民に示す点からも、この場で応えていく努力が必要と感じた。あとで、議論を公表するのだが、やはり意見交換で、疑問や誤解を解くとともに、他の参加者にも来てよかったと感じる議会にしたいからである。

もう1回説明会があります。ぜひ、お出かけください。次回は、5月22日午後7時から8時半まで、場所は鳥取市役所本庁舎5階会議室(全員行議会室)です。

また、ホームページでも条例案に対する意見募集(政策コメント)を実施しています。また、関係資料を総合支所、公民館でも配布しています。期限は6月2日までです。


カテゴリー: 角さん東奔西走   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Protected by WP Anti Spam