やっと春が来た

きのうから我が家の桜が開花した。しかし、その木の姿からはとても桜色に染まった木ではない。桜の花は、ほとんど幹から出た小さな枝に数輪咲いているのです。

実は、昨年12月に枝をほとんど切り、さっぱりとしたと言えば聞こえはいいが、殺伐としたものになってしまいました。

桜の木は、ホームセンターで苗木を買って30年ぐらいになると思いますが、隣家に迷惑をかけているからです。そのうえ、小さな庭の一角に野菜を植えたのですが、桜の木のために日当たりもよくなかったことも理由の一つです。

これだけでは、春がきたという実感がわきません。近所のスイセンの花を見れば、その雰囲気が感じられます。

 


カテゴリー: 角さん東奔西走   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Protected by WP Anti Spam