大学の最終講義のご案内

鳥取大学で地域学部の藤田安一先生が、定年退職をむかえられて最終講義が行われることになりました。この講義は、慣例によって、一般市民に解放され、どなたでも聴講することができます。私からも、ぜひお勧めしたく情報提供します。

日程などは、次のとおりです。

◆日時 2月6日(月)午前10時30分から12時まで

題目 研究生活40年を振り返って

◆鳥取大学地域学部 2階 2450講義室(講義される部屋が変更となりました。この講義室から学生さんが、5階の大講義室に案内されるとのことです)

藤田先生は、県民から要望される講演テーマが、自分の研究分野とはちがっても、いつも「自分の勉強になる」と、快く講演をされる方でした。市町村合併やまちづくりなどの地方自治と、憲法や平和、民主主義の課題についても県民とともにいっしょに取り組んでこられた、まさに研究者の「鏡」のような存在ではなかったでしょうか。

そして、毎回の講演は、どなたからでも「大変わかりやすい」と好評です。これまで多くの学生さんが、講義を受けておられると思いますが、毎回私も先生の話を聞き、人間的にも素晴らしい先生の姿に接しながら、羨ましく感じてきました。

私にも最終講義のご案内をしていただきました。ぜひ聴講に出かける予定です。(写真は、昨年秋に末恒において、講演される藤田安一先生)


カテゴリー: 角さん東奔西走   パーマリンク

大学の最終講義のご案内 への1件のコメント

  1. 岡村英治 より:

    藤田教授の最終講義ご案内を、私のブログに転用させていただきました。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Protected by WP Anti Spam