麻生副総理のナチス肯定発言

すでに、報道されているが、今日の新聞を読んでも、『真意とは異なり誤解を招いた」と、「ナチスがおこなったことを否定的にとらえている」いった発言ではない。一般新聞の社説でも指摘されているとおりだ。「ナチスの手口に学んではどうかね」と、発言しているのに、とてもナチスを否定した発言ではない。

きょうの「しんぶん赤旗」では、これまでの麻生氏の発言を掲載していた。

 写真の記事の見出しにあるような発言が、何のためらいもなく、日常の考えとして出ているのだ。こうした麻生氏の発言を、いつものような「失言だ」といってすまされない。すでに、海外の人権団体や外国からも強い批判が出されている。国政に携わる資格はなく、国際社会の信頼も失うことは明らかだ。


カテゴリー: 角さん東奔西走 パーマリンク