中国電力への原発廃炉の申し入れ

きのう午前、中国電力鳥取支社に出向いて、島根原発の廃炉や再稼働・建設中止などを申し入れた。岩永尚之県書記長、市谷知子県議に同行した。(申し入れ文書は、市議団のホームページ掲載

事前に申し入れ文書を渡していたので、回答の説明があった。私は、中電の地元の理解を得ながら・・・という説明に大きな疑問をもち、次のような主旨の指摘をした。

ここ鳥取市は100キロ以上も原発から離れているが、福島原発の事故の過酷さを見れば、地元は県民や国民全体ではないか。放射能のもつ性質から、その重大な影響は時間的にも長く続くこと、空間的にも計り知れない範囲に及ぶこと、社会的には経済・地域などあらゆる分野に及ぶこと、そうした認識があるのかと指摘した。その影響に対して対策がとれないなかで、国の責任とは別に企業の社会的責任が果たせるのか、福島の原発事故をみればそれは果たされないのではないか、それは原発が認められないということである・・と話した。

きのう、中国5県の日本共産党がいっせいに県知事にも申し入れをおこなった。


カテゴリー: 角さん東奔西走   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Protected by WP Anti Spam